スポーツ走行の秘訣

AT車のスポーツ走行の秘訣スポーツ・ドライビングとは、本来レースとかラリーなどモータースポーツで使われる「技法」で、ただ速く走るだけではなく、理論的にも安全を確保するために研究しつくされた運転法である。したがって、一般の道路を走る時にも、この安全性の高さが直接役に立つ。言うまでもなく、スポーツの技法には基本を修得することが大事で、基本がいい加減なのに一気に高度なテクニックをマスターすることは出来ない。スポーツ・ドライビングの基本は「スピードの調節」である。これは高速だから危険というのではなく、その時の道路条件によってどのスピードが安全か、もっと詳しく言えばタイヤと路面の状態によってそれぞれ安全な速度が決まってくる。これを、手前で予測してスピードを調節するのがテクニックの基本だ。カーブで曲がれないで失敗するのも、ブレーキが効かないでコース・アウトするのもすべてスピード調節の失敗である。次に、第2段階のテクニックは、「抵抗ロスを減らす」ことで、どんなに低い性能のエンジンでも下り坂ではパワーがあるように感じるのと同じである。極端に言えば、舵を切るほどタイヤの摩擦抵抗はふえる。そのため、カーブは大きく回るほど遠心力は減り、パワー.ロスも少なくなる。小さいカーブではそれだけエネルギーを補給しなければスピードは落ちる←ここのサイトから車に関する知識を得ましょう。

DW103_L

One thought on “スポーツ走行の秘訣

  1. Mr WordPress

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>