競技用の運転法

スポーツドライビングは実用で生かせるスポーツ・ドライピングというのは、サーキットで行なわれるレースとか、国際的に盛んなラリーなどで使われる「競技用の運転法」である。1秒を争うためには無駄なく速く走ることが競われるが、同時に、ゴールまで無事に走り切るためには最小のリスクで安全に走らなければ目的を達せられない。この二つの相反する要求が、欧米の長い歴史の中で「技」として研究されている。もちろん、競技に出るためには、先兼についてそのテクニックを磨く訳だが、その基本になるテクニックは一般のドライバーが日常走るのにも役に立つものである。何事も基本が大切で、これはトヨタ車の運転でも同じである。抵抗を少なくするとスムーズになるスポーツ・ドラィピングの基本は「抵抗ロスを減らす」ということから始まる。一般には、速く走るには強力なエンジンでアクセルを全開するほど速くなると誤解されている。だが、モータースポーツではもともと同じエンジンの条件で競う訳だから、これを逆手にとって「ロスを減らす」ことで他人より速くすることもテクニックである。これは一般のドライピングでは役に立つ。中古車 高く売る ←ここを見て知識を得よう。

DW124_L

Comments are closed.